経験と実績に甘んじることなく、
常に謙虚な姿勢で依頼者と向き合う

弁護士としてのキャリアは10年以上。これまで300件以上の訴訟案件に携わってきた伊藤崇弁護士。南舘・北川・伊藤法律事務所では、企業間訴訟や個人の相続手続まで常時50~60件の案件に取り組む中、その約半数を伊藤弁護士が担当しています。顧問先は、年商3000億円余の東証一部上場企業をはじめ、数百億円規模の企業から創業間もない企業まで多様な業種・規模の企業が多数、その名を連ねます。

「当事務所代表の南舘が、法律事務所を立ち上げ、既に50年が経ちました。その中で様々なご縁をいただき、多くの企業・依頼者との関係を築き、共に歩みを進め、今の私たちがあると考えています。」

経験と実績を積み上げながらもそれに甘んじることなく、謙虚な姿勢を貫く伊藤弁護士。顧問先の年商や案件の規模の大小に関わらず“依頼者ありき”のスタンスは、依頼者に心強い印象を与えています。

「顧問先が大手企業の場合、コンプライアンス違反があると、報道やバッシングによる企業価値の低下・毀損が生じてしまいます。顧問先企業を守るために私たちがなすべきことは、より法律に則った適正な処理。だからこそ厳しい目でチェックし、リスク低減やリスク回避の方策を徹底し、多くの企業に健全な企業活動を行っていただけるよう心掛けています。また、中小企業や創業間もない企業は、さらなる成長のために冒険的な経営判断が付きものです。ですから、リスク・リターンやメリット・デメリット、予想される展開をお伝えし、経営者が躊躇や後悔なく判断ができるようにサポートしています。」

依頼者からの信頼に応えるために、
高い専門性を要する案件や幅広い業種からの
依頼にも怯むことなく挑む

民事・家事における取り扱い分野は多岐に渡り、時には医療などの専門性の高い事件を受任することも。専門知識が必要な案件は、医学書といった専門書を読み込むなど、伊藤弁護士は下調べも入念に行います。

「色々な方からのご紹介のもと、頼って下さったお客様です。断るのは簡単ですが、断った後、その方はどうなるか。たらい回しにもなりかねません。私たちができることであれば対応したいですし、やはり頼ってきてくださった以上、その信頼にお応えしたい。分厚い医学書を読み込んだり、専門家であるドクターに意見を求めることは、依頼者により良い結果をもたらすための前向きな努力ですから、怯むことなくチャレンジしていきたいと思っています。」

どのような業種であっても、設立間もない企業であっても弁護士を味方につけることは、将来性を考える上で優位であるのは言うまでもありません。伊藤弁護士は、依頼者が置かれている状況や、依頼者が今、何を望んでいるのかを考慮し、常に最適な手法の提案に努めています。

「業種や規模、創業年数に関わらずどんな企業であっても、必ず交渉がつきものです。仕入れ先、取引先、あるいはエンドユーザーとの交渉。ときにはクレーム処理もあります。スムーズに交渉を進めたいとか、より良い条件を勝ち取りたいというニーズは、企業の業種や大小に関わりませんし、むしろ設立したての企業にこそあると思うんです。幅広い裁判への対応と豊富な交渉実績が私たちの強み。交渉の展開を予測し、着地点を見据えた上で交渉を進めています。弁護士というと敷居が高く思われがちですが、初期の段階からご相談に乗らせていただければ、より希望に添ったご提案を導きやすいのです。」

人に頼られながら報酬が得られる弁護士業。
だからこそ、依頼者には良い結果でお返ししたい

「私がモットーにしていることは、“依頼者の最大利益の実現”です。常にその言葉を意識し、仕事に取り組んでいます。依頼者の目的が早期解決であればスピーディに処理し、結果を求めているのであればより良い結果が導けるよう最大限尽力する。正義を貫きたいのであれば、正義の実現が可能な手法をとっていく。そんな風に、依頼者の目的を把握し、その実現に資する手法を提案・遂行し、そして、依頼者の最大利益の実現につなげる。
裁判や交渉が思い描いたプラン通りに進み、最終的に依頼者に対して良い結果を出せた時、大きな達成感を感じます。
『先生に委任して良かった』『先生のおかげで良い結果が得られました』とのお声は、何度いただいても弁護士冥利に尽きる瞬間です。」

常に最適な手法を模索し、依頼者それぞれの目的に応じた利益の最大化に努める伊藤弁護士。今日も依頼者の思いに寄り添い、法律を駆使して依頼者のサポートに全力を尽くします。

セミナー・講演実績- Seminar -

コンプライアンス / 労務管理(労働時間・過労・メンタルヘルスなど) / セクハラ・パワハラ・マタハラその他のハラスメント / 情報管理(企業秘密・個人情報・マイナンバーなど) / 独占禁止法・景品表示法・食品表示偽装問題 / 不動産賃貸借・不動産管理 / 遺言・相続・事業承継など他多数

取扱分野- Business Field -

経歴- Career -

名古屋大学法学部卒業
2004年10月 弁護士登録(57期)、
「南舘・北川法律事務所」に入所
2009年02月 「南舘・北川・伊藤法律事務所」の
パートナー弁護士に就任

所属委員会・役職等- Affiliation committee, Position -

<愛知県弁護士会>
「司法制度調査委員会」委員、「広報委員会」委員、「消費者問題対策特別委員会」委員、「倒産法問題特別委員会」委員を歴任

Copyright © 南舘・北川・伊藤法律事務所. all right reserved.