物事を多面的に見る。
そのことに興味を持ち弁護士を目指す

私が弁護士を目指したのは、中学生の時でした。「法律」は誰もが関係することでありながら、法学部に入らなければあまり学ぶ機会がないことから、学んでみたいと思ったこと、又、学んだことを生かして弁護士になれば人の役に立つ仕事ができるのではないかと思ったからです。
ただ、この時は漠然とそう思っていただけでした。その後、高校生の時に、現役の弁護士さんから直接お仕事について話を聞く機会があり、その方がおっしゃった「物事を多面的に見る」ということに大変興味を持ちました。
例えば、ある事件について、関係者が一方的に悪いかのように見える場合でも、別の角度から光をあてた事実を浮かび上がらせると、一方的に悪いとは言えない場合があります。このように様々な角度から考えることに興味を持ったことで、職業としての弁護士を意識し、より明確に弁護士を目指すきっかけの一つになったと思います。

依頼者とのコミュニケーションが日々の楽しみ。
共感し、寄り添うことを大切にしたい

仕事をする上では、物事を多面的に見ることもそうですが、依頼して下さった方やご相談にいらっしゃった方に共感し、寄り添うことを大切にしています。やはり、弁護士にご相談される方は、なんらかの不安を抱えていらっしゃると思います。例えば、破産をする方であれば、「これからどうなってしまうのだろう」と不安だと思います。そういった方には、どういったところに不安を感じているか、これからどのように進んでいきたいのか等じっくりとお話を聞き、丁寧に説明するように心掛けています。もちろん、法律的に主張が認められない場合もあり、全てが思い通りにいく場合ばかりではありませんが、丁寧にお話を聞き、説明し、依頼者の方に共感し、寄り添うことで、本当の納得や満足が得られるのではないかと考え、日々の仕事に励んでいます。また、そういった依頼者の方とのコミュニケーションが私の日々の楽しみでもあります。

依頼して良かったと思ってもらえる弁護士に。
今後は学芸員の資格も生かしてより幅広い分野で
専門性を高めたい

弁護士になってやりがいを感じることは、やはり依頼者の方に喜んでもらえた時です。事件が終わって、依頼者の方の嬉しそうな笑顔や「ありがとうございました」というお礼の言葉を聞くと、私も本当に嬉しく、頑張って良かったと思います。
裁判や示談では、最終的には金銭解決とならざるを得ない場合が多いのですが、事件の根本は「お金の問題ではない」という場合もあります。依頼者の方がどこに不安を感じているか、どこに納得できない部分があるのかを汲み取り、工夫し、私に相談することで少しでも安心してもらえ、依頼して良かったと思って頂けるような弁護士になりたいと思います。
また、学芸員の資格を持っていることから芸術の分野にも興味があり、今後はそのような分野の法律問題にも積極的に取り組み、専門性を高めていきたいと考えています。

取扱分野- Business Field -

経歴- Career -

南山大学法学部卒業
南山大学法科大学院修了
2015年01月 弁護士登録(新67期)、
「南舘・北川・伊藤法律事務所」入所

所属委員会・役職等- Affiliation committee, Position -

<愛知県弁護士会>
「民事弁護委員会」委員、「子どもの権利委員会」委員、「広報委員会」委員

Copyright © 南舘・北川・伊藤法律事務所. all right reserved.